車のタイヤのメーカーの違い

車のタイヤってやはりメーカーごとに、違いが出てくるのでしょうか。
ブリジストンなどと色々な自動車のタイヤメーカーが日本にはありますが、これと言ってメーカーにこだわってタイヤは選んだほうが良いのでしょうか。
結構タイヤによって乗り心地や装甲艦などが異なってくるようです。

例えば、ブリヂストンや、レグノクラスなどの高級車志向を目指したタイヤですと、お値段も張りますが、静粛性があり走行も安定しているようです。
また、ポテンザなどのスポーツ車系のタイヤを使用しますと、グリップの力が凄くコーナーでのカーブは非常にやりやすいようです。

その代り、静粛性やタイヤの寿命はかなり低いという事を覚悟しておきましょう。
スニーカーなどは、価格が一般的に非常に安く、走行にそれほどこだわりが無い人はこういった安いタイヤの方が良いでしょう。
別に装甲艦が特段悪くなるという事は無いと考えて良さそうです。

このように、タイヤメーカーごとい静粛性や、走行の安定性など色々な面が異なってくるようです。車の走行やドライブにそれなりにこだわりを持つのであれば、タイヤメーカーにもこだわって選ぶと良さそうです。

カーエアコン 修理

自動車学校でむかつく教官の対処法

「自動車学校の教官がむかつく」なんて口コミを良く見かけますが、何があってそんなことを言うのか解かりませんが、教官に対してそんな事を言うのは正直賛同は出来ませんね。恐らくキツイ注意をされたとか、厳しい教育方針に耐えきれないとか、そういう甘っちょろい事で向かういているのだと思いますけど、もしそうだとしたら教官に感謝することです。

なんてたって厳しくしてもらったおかげであなたは自動車を運転することの危険さや恐ろしさを十分身につけることが出来るのですから、毎年、多くの運転初心者が事故で命を落としています。そのほとんどが単独事故です。教官は自動車の運転を教えるだけでなく、教え子のあなたの命を預かっているわけでもあります。

自分の教え子が免許を取った後に帰らぬ人となることを望む教官はいないでしょう。それゆえにキツク注意したり、厳しく指導するわけです。若いうちは気性が荒いところがあるから出来ないかもしれませんが、今度から厳しくされたら心の中で“ありがとう”と言ってみてください。そうすれば怒りやむかつきも少しは収まることでしょう。

トランスミッション 故障

軽自動車の世界展開

日本国内で順調に販売台数を伸ばしている軽自動車ですが、各自動車メーカーとも今度は海外展開を目論んでいる模様です。日本の技術が素晴らしいことは世界中の誰もが知っている事です。

もとより燃費が良く、エンジン性能が良く、コンパクトで取り回しが良い軽自動車ですが、日本車ともなれば海外での信用は確実に得れることでしょう。しかし、日本基準の660ccでは世界進出は厳しいと思われます。

三菱総合研究所の野呂研究員に曰く、「日本でしか通用しない車に経営資源を集中させることは海外メーカーを利する」そうです。本気で世界展開を目指すのであれば、世界気中に合わせて開発を進めていく必要があるようです。しかし、世界展開に向けてすでに成功例を上げている自動車メーカーがいました。スズキです。

日本国内でも人気の高い“アルト”に800ccのエンジンを積みこんで販売したところ、好調な販売を続けています。また、“ワゴンR”には1000ccを積み込んで販売したところ、初めて車を購入される層を中心に人気を集めているそうです。これに触発されて他の自動車メーカーも、主力の軽自動車のエンジンを積み換えて世界進出を検討されていることでしょう。

車 故障

日本はディーゼル乗用車がなぜ少ないのでしょう

近年では環境への意識の向上から環境に配慮したエコカーなどが売り上げを伸ばしています。
でもエコカーはよく売れていますがディーゼル乗用車って日本ではなかなか見かけませんよね。
何故日本ではディーゼル乗用車が少ないのか不思議に思ったりしませんか?
そこで今回は日本はディーゼル乗用車がなぜ少ないのか、その原因を調べて見ましたのでご紹介します。
日本でディーゼル乗用車が少ない原因はまずディーゼル乗用車への規制の厳しさが1つの原因となっています。
現在ディーゼル乗用車が最も多く利用されている欧州はEURO4もしくは5というディーゼル乗用車の規制をクリアした車が販売されています。
しかし日本では欧州の規制よりも更に厳しいEURO6クラスのディーゼル乗用車しか合格することができません。
そのため規制の厳しい現在では日本では販売されているディーゼル乗用車は5種類ほどしかありません。
また欧州では二酸化炭素の排出量が厳しく制限されていますが、日本では二酸化炭素の排出量よりNOxのほうが厳しく制限されています。
これらの理由からディーゼル乗用車よりガソリン車のほうが日本では広く利用されているようです。
車 買取 注意

プラグインハイブリッドカー

プラグインとは、電化製品のように家庭用電源からプラグを利用して電力を直接充電することであり、プラグインハイブリッドとは、コンセントから直接充電できるタイプのハイブリッドカーのことをいいます。

プラグインハイブリッドのメリットは、電気自動車と同じく走行時に二酸化炭素を排出しないことや、エネルギー効率がガソリン車の数倍良いことなどが挙げられます。ハイブリッドにはプラグインと非プラグインのものがありますが、ガソリン車に近い性質を持つ非プラグインに対して、プラグインハイブリッドは長距離走行ができないというデメリットがありました。

しかし、バッテリーをより多く積むことによって航続距離を伸ばし、電力不足時には非プラグイン同様エンジンを用いて走行できるようになりました。しかし、バッテリーに加えてエンジンと駆動系が必要となるプラグインハイブリッドは、非プラグインよりも電池コストや重力がかさみますし、居住スペースが狭くなるという点も指摘されています。また、冷暖房を使用した場合電気の消費量も激しくなります。まだ市場に出回っている車種は少なく、今後の動きが注目されます。

車下取り価格

個人情報を教えなくても車買取査定はできる?

車買取査定を申込むときは、個人情報を含め、自動車の情報なども記入しますが、記入が簡単で済むところはあれど、個人情報を書かずに車買取査定を申込むことは、残念ながらできません。
たしかに、個人情報を教えると電話などがしつこくかかってくるのではないかと不安に感じる方も多いと思います。
そのため、情報を教えずに自分で判断したいという気持ちも分かりますが、中古車の買取価格を決めることができるのはあくまで買取業者の側にあります。
買取業者から見れば、安易に相場について教えても、他社との比較によって踏み台にされる可能性が高いので、初めから高い金額は提示しません。
実際に契約できる可能性があると思ったときのみ、価格交渉を行います。
ですから、一括査定で提示される査定額というのは、あくまで仮査定であり、低めに査定してくる業者もあれば、逆に交渉の際に価格を下げることを前提に、高すぎる査定額を提示してくる業者もあります。
そのため、実際に交渉することが確定していない状況で提示される査定額は、そもそもあてになりません。
一括査定はあくまでも査定交渉の入り口であり、個人情報は、その入り口に立つために最低限必要なものといえるでしょう。
車 下取り 見積もり

カイエン乗りてぇ

「ハンカチ王子」の愛称で一世を風靡した斎藤佑さんが、なぜかネット上で「カイエン青山」という謎のニックネームを付けられていました。

「カイエン青山?はあ?カイエンって自動車のポルシェのこと?青山は地名のこと?」そう思って調べてみたら合ってるみたいですね。

そりゃあ、斉藤さんだってポルシェ・カイエンみたいな高い車乗りたいだろうしね、と思うんですけどね。